前へ
次へ

麻婆豆腐の豆腐が崩れて残念にならない方法

中華料理の単品料理の中でも人気なのが麻婆豆腐かもしれません。
中華料理の中でも四川料理の種類になり、唐辛子の辛みが特徴と言えるでしょう。
その他日本でもなじみ深い豆腐を使う点が挙げられます。
豆腐には冷ややっこにする絹ごしと湯豆腐などで使う木綿豆腐があり、どちらを使うか悩むところでしょう。
麻婆豆腐のポイントとして味の他に豆腐の形がどうなっているかがあります。
角切りにしたり乱切りにするときもありますが、どちらにしても入れた時の形を維持したいでしょう。
でも混ぜている間にいつの間にかぐちゃぐちゃになって豆腐の形がなくなってしまうときもあります。
豆腐の形を意識するなら固めの木綿豆腐を使いさらに水切りなどをしておくと良いでしょう。
その代りあまり味が浸みこまずプルプル感が感じにくいです。
絹ごしを使うとプルプル感が出ますが、その時は下ごしらえとして湯通しをしておきましょう。
形が崩れないよう最後に合わせるだけで美味しく仕上がります。

Page Top