前へ
次へ

ホウレンソウなどを茹でるときのポイント

栄養価の高い野菜としてホウレンソウや小松菜、その他の葉野菜があるでしょう。
調理の方法は様々ですが、簡単なのは単に茹でておく方法かもしれません。
そのままお浸しとして食べたり、お味噌汁に少し載せるだけでも彩もよく栄養アップもできます。
ではどうやって茹でるのがいいかです。
野菜の茹で方としてお湯から茹でるのか水から茹でるのかがあり、根菜類などは水からじっくり茹でることが多いです。
ホウレンソウなどの葉野菜は色をきれいに残したいのと食感も残したいでしょう。
そして何より栄養分がゆで汁に溶け出さない方法が好ましいです。
そのためには熱湯から茹でるのが良さそうです。
熱湯でゆでるときには塩を入れると良いとされますが、これによって野菜を入れた時の温度を下げにくくする効果が期待できます。
さらに栄養価をキープさせたいなら油を少し入れて茹でましょう。
油が野菜の表面をコーティングすることで栄養分が外に逃げるのを防いでくれます。

Page Top