前へ
次へ

買ってしまった花椒の残りを使い切る方法

本格的な麻婆豆腐を作るのに花椒を買ってしまったもののなかなか使いきれない、そんな悩みをよく耳にします。
花椒とは日本でも一般的な山椒のようなものですが、山椒よりも刺激が強くていわゆる「シビカラ」というからさです。
単なる唐辛子の激辛だけでなく、花椒の「シビカラ」はラーメン店、つけ麺店などで最近人気のようです。
家庭で使いきるにはハードルが高いようにも思えますが、意外と簡単に日常使いすることもできます。
例えば野菜の炒め物の辛味づけとして用いると、本格中華料理屋の一品になります。
この時のポイントは、もやしとニラ、豆苗など、中華風の食材を使うことです。
ごちゃごちゃとたくさん残り野菜を炒めるのではなく、シンプルにしましょう。
そしてにんにくや唐辛子で刺激のバランスを取ると花椒が引き立ちます。
塩胡椒ではなく中華ダシを使うことでぐっと本格的になります。
少しの量から試してみて、ほどよい好みのシビカラ具合を見つけましょう。

Page Top